裏地付き ファスナーポーチを手縫いで

材料:表地(サンプルは麻生地)、裏地(サンプルは綿ギンガム)
    チロルテープ、レース、ポンポンブレード
    ファスナー、糸など

お手元にあるファスナーの長さによっても作ることができるものが変わってきますので、サイズはお好みでどうぞ。



よく作り方のお尋ねをいただく裏地付きのファスナーポーチ、手縫いで作ってみました。
まち付きのものは手芸雑貨店on-travellingのブログで型紙と作り方を公開しています。



生地を裁ちます。


表地のデコレーションから始めます。
サンプルでは縦にチロリアンテープを付けたいと思いましたので、生地を半分に折って中心を決めます。



チロルテープ、ポンポンを配置してまち針で留めます。
なみ縫いで縫いとめていきます。
※あくまで糸で留めつける、固定するような感覚で、糸を引きすぎないのがコツです。力を入れて引っ張ってしまうと、しわがよったりツレつれたりすることがあります。
※ポンポンの根本を隠し、ボールの部分だけを見せたいときは、ひと針ひと針テープの部分をチロルの下に入れ込むようにして縫ってゆきます。


表地のデコレーションが終わりました。

ファスナーを付けていきます。
表地とファスナーのテープの部分を中表にしてかさね、さらに裏地をかさねて3枚をまち針で留めます。
ファスナーの表裏と開きの向き(もしこだわるのであれば)に注意して下さい。



3枚一緒に縫っていきます。反対側も同様にファスナーをつけます。


アイロンで縫い代を表地側に倒します。


裏地の底部分を10センチ程度縫い残し、周囲をぐるりと縫います。


アイロンで縫い代を割ります。


縫い残しておいた裏地の底部分から手を入れて引き出します。


このように引き出したらアイロンをかけてととのえます。

縫い残した部分にまち針を打ちます。



縫い閉じて、内側におさめて形をととのえたら完成です。









posted by: on-travelling | - | 12:50 | - | - | - | - |

レースの付け襟(襟用レースを使って)

料:襟用レースモチーフ、ボタン、糸
ボタンをつけるだけの簡単な付け襟です。



首に沿って自然にカーブしているデザインのものを使います。


後ろは少し浮いていますがあまり気になさらなくても良いと思います。




端にボタンを縫いとめます。
サイズはある程度限られてしまいますが、色や質感を選ぶことで印象が変わってくるかと思います。
サンプルは金色のメタルボタンをつけました。


出来上がりです。


こちらは端にレースとリボンを結びつけただけのもの。


posted by: on-travelling | - | 11:50 | - | - | - | - |

ビジューモチーフのカフブレス

おおぶりのビジューモチーフはそのままお洋服やバッグに付けても素敵だけれど、形を生かしてアクセサリーにも。


モチーフより1.5センチくらい大きめに生地(サンプルではやや中厚地の麻を使用)をカットします。


周りの糸を抜いてほどき、ラフなかんじを出します。


十分に糸がほどけたら、モチーフを縫い付けます。


輪にしてむすぶためのリボンを両端に縫い付けます。
サンプルは30センチ×2本にしています。


レースのハギレをリボン結びにしたり、折りたたんだりしたものを縫い付けて完成です。



posted by: on-travelling | - | 12:03 | - | - | - | - |

トーションレースのお花モチーフ

 材料:トーションレース 糸



レースをカットします。サンプルでは幅1.4センチのものを15山分使いました。


はじめの2山と最後の1山をのこしてぐし縫いします。



はじめの2山を二つ折りにし、最後の1山に重ねます。



縫い残しておいた部分を重ねて縫います。


糸を引いて縮めます。



最後に重ね合わせた部分の裏側が浮いていますので、まとめて表に響かないように縫いとめます。





表に返し、形をととのえて出来上がりです。


中心にボタンを付けてみました。


posted by: on-travelling | - | 13:34 | - | - | - | - |

このブログについて

 日暮里の手芸雑貨店 On-travellingがお送りする
針と糸(と ときどきアイロン)だけで作ることができるちいさなアイディアをご紹介するレシピ集です。

※版権について※
レシピの版権はOn-travelling(オントラベリング)が所有します。
商用、無償を問わず二次配布は禁止とさせていただきます。

作品の製造・販売については制限はございません。
お役に立てれば幸いです。

QRコードの作成にはこちらのサイト様を利用させていただいております。
CMAN QRコード作成
posted by: on-travelling | - | 16:15 | - | - | - | - |

モチーフのバッグチャーム

 材料:レースモチーフ、フェルト、わた、レース、糸




レースモチーフをフェルトに縫い付けます。
わたを入れる部分をあけておきます。


わたを詰めたらあけておいた部分を縫い閉じ、フェルトをカットします。



かざりになるリボンを作ります。リボンの形に畳んだレースの真ん中を縫いとめます。


ほどよい幅に折りたたんだレースで巻き、後ろを縫いとめます。




モチーフ部分に飾りと取り付け用のレース(またはリボンなど)を縫いつけ、完成です。

posted by: on-travelling | - | 16:02 | - | - | - | - |

レースの付け襟

 

材料:レース 約75センチ×2本、リボン 70センチ 、糸
サンプルでは麻・レーヨン混と綿のトーションの2種類を組み合わせて作っています。多少重みと落ち感のあるレースのほうが襟元になじみやすいようです。
長さはお好みでどうぞ。お子様にも可愛らしいと思います。
レースの山が両端とも同じところで終わるように計算してカットすると左右対称に仕上がってきれいです。



2本のレースをかさねて縫い合わせます。




端まで縫ったら裏側で三つ折りにして縫いとめます。



両端にリボンを縫い付けます。









posted by: on-travelling | - | 15:57 | - | - | - | - |

モノグラムのブローチ

 材料:モノグラムモチーフ、フェルト、綿、糸、ブローチピン
   デコレーションをする場合はレースなど

フェルトにモノグラムモチーフを形をととのえながら縫い付けます。
綿を入れる部分をあけておきます。



周りを切り取ります。


縫い残した部分から綿を入れます。


綿を入れたら残した部分を縫い閉じます。画像では赤線の部分が縫われていることになります。



裏にブローチピンを付けます。


お好みでレースなどでデコレーションしても。
posted by: on-travelling | - | 15:49 | - | - | - | - |

レースモチーフのブローチ


 材料:レースモチーフ、土台になるフェルト、ブローチピン、糸、装飾用のスパンコール、リボンなど



レースモチーフとだいたい同じ大きさにフェルトをカットします。サンプルではピンキングばさみを使いました。



モチーフをフェルトに縫い付けていきます。ポンポンの根本を縫いとめてゆくと簡単です。


フェルトとモチーフを付け終わったところ。
モチーフ1枚よりもしっかりとしますので、スパンコールやピンなどが付けやすくなります。


スパンコールやリボンで飾り、ピンをつけて完成です。

posted by: on-travelling | - | 15:45 | - | - | - | - |

ボタンのヘアピン

 ボタンをお花に見立ててヘアピンに。
パッチンどめを使う場合でも作り方は同じです。



材料:ピン、葉っぱ用のフェルト、ボタン、糸



ボタンとのバランスを見ながら、フェルトを切って葉っぱを作ります。



葉脈のステッチはお好みで。ボタンに隠れる部分を考えて刺します。



葉っぱとボタンをピンに縫いとめます。
葉っぱの裏に玉止めをつくると外れにくくなります。


玉止めをつくって糸を切ったところ。



糸やフェルトの色とボタンとのコーディネイトを考えるのもたのしいですね。
posted by: on-travelling | - | 15:27 | - | - | - | - |