<< レースの付け襟(襟用レースを使って) | main | モチーフのデコレーション >>

裏地付き ファスナーポーチを手縫いで

材料:表地(サンプルは麻生地)、裏地(サンプルは綿ギンガム)
    チロルテープ、レース、ポンポンブレード
    ファスナー、糸など

お手元にあるファスナーの長さによっても作ることができるものが変わってきますので、サイズはお好みでどうぞ。



よく作り方のお尋ねをいただく裏地付きのファスナーポーチ、手縫いで作ってみました。
まち付きのものは手芸雑貨店on-travellingのブログで型紙と作り方を公開しています。



生地を裁ちます。


表地のデコレーションから始めます。
サンプルでは縦にチロリアンテープを付けたいと思いましたので、生地を半分に折って中心を決めます。



チロルテープ、ポンポンを配置してまち針で留めます。
なみ縫いで縫いとめていきます。
※あくまで糸で留めつける、固定するような感覚で、糸を引きすぎないのがコツです。力を入れて引っ張ってしまうと、しわがよったりツレつれたりすることがあります。
※ポンポンの根本を隠し、ボールの部分だけを見せたいときは、ひと針ひと針テープの部分をチロルの下に入れ込むようにして縫ってゆきます。


表地のデコレーションが終わりました。

ファスナーを付けていきます。
表地とファスナーのテープの部分を中表にしてかさね、さらに裏地をかさねて3枚をまち針で留めます。
ファスナーの表裏と開きの向き(もしこだわるのであれば)に注意して下さい。



3枚一緒に縫っていきます。反対側も同様にファスナーをつけます。


アイロンで縫い代を表地側に倒します。


裏地の底部分を10センチ程度縫い残し、周囲をぐるりと縫います。


アイロンで縫い代を割ります。


縫い残しておいた裏地の底部分から手を入れて引き出します。


このように引き出したらアイロンをかけてととのえます。

縫い残した部分にまち針を打ちます。



縫い閉じて、内側におさめて形をととのえたら完成です。









posted by: on-travelling | - | 12:50 | - | - | - | - |